認知症の原因

  • HOME > 認知症の原因

認知症の原因

認知症は、脳の神経細胞が死ぬことによって起こります。
脳の中には神経細胞がたくさんあり、大きなネットワークを作っています。
このネットワークは、経験を記憶として蓄えて、それを取り出して使う、という活動をしています。
神経細胞が無くなり、ネットワークが切れてしまうと、記憶やその他の機能が正常に機能しなくなります。

認知症の画像診断

アルツハイマー病の脳のPET画像(脳の働きを示すもの)を撮影すると、脳は活発に動いていないことが分かります。